高田崇史

書籍

「古事記異聞 京の怨霊 元出雲」感想 意外な歴史の見方ができる作品です。

人気作家、高田崇史の作品です 標記の書籍を読みました。 歴史の常識を覆す作品をたくさん発表されている高田崇史氏の作品です。 古事記異聞シリーズでは三作目にあたります。 このシリーズでは出雲やスサノオについて、追及されています。 ...
書籍

「QED憂曇華の時」歴史マニアにおなじみのシリーズです。

タイトルは「うどんげのとき」と読みます。 「憂曇華」は「優曇華」とも書くようで、その花は三千年に一度だけ咲くという伝説の植物です。 このタイトルが何を意味するかは本書を読んでみてください。 高田崇史の「QED」シリーズは、歴史マニ...
タイトルとURLをコピーしました