北野武

書籍

書評:北野武著「不良」著者得意の憎めないワルがたくさん登場する作品です。

はじめに 表題の著作を読みました。 最近、小説を意欲的に発表している北野武(ビートたけし)。 この作品は著者が得意とする下町の憎めない連中が多数出演し、最後は落ちぶれていく……という人生の悲哀を描いた作品です。 簡単なあ...
書籍

書評:北野武著「首」著者初の歴史小説、舞台は本能寺の変前後

はじめに この作品「首」は北野武(ビートたけし)初の歴史小説です。 舞台は本能寺の変前後の時代。 荒木村重の謀反から、秀吉が光秀を倒すあたりまでのことが描かれています。 一応の主人公は秀吉の御伽衆を務めた曾呂利新左衛門です。 実在...
書籍

書評:北野武第一短編集「純・文学」一番面白かったのは実録小説でした。

基本事項 芥川賞と直木賞を同時受賞すると宣言され、意欲的に小説を書いておられるビートたけし氏。 この本は北野武名義で短編小説が5本収録されています。 ビートたけしと北野武の名義使い分けについてはよくわかりません。 収録作品 『ホー...
タイトルとURLをコピーしました