七本槍

書籍

書評:今村翔吾著「八本目の槍」賤ヶ岳の七本槍ともうひとりの物語

「八本目の槍」は新進気鋭の人気作家、今村翔吾氏の著作です。 舞台は戦国時代、織田信長が本能寺の変で斃れたあと、羽柴秀吉と柴田勝家との間で織田家の跡目を争う「賤ヶ岳の戦い」が行われます。 そのとき、秀吉の子飼いだった武将七人が活躍し、「賤...
タイトルとURLをコピーしました