ビートたけし

書籍

書評:ビートたけし「キャバレー」最後のページに作者の心情が。

はじめに ビートたけし作「キャバレー」。 最近、作家活動に力を入れているビートたけしの二作目の本になります。 (一作目は「ゴンちゃんまたね」という作品です。) 70年代から80年代くらいの新宿にあるキャバレーを主な舞台に、そこで起こ...
タイトルとURLをコピーしました