ラーメン「天下ご麺」草津店 ガチンコラーメン道優勝者の店

ラーメン

はじめに

2000年頃、TBSでTOKIOがMCを務めていた「ガチンコ!」という番組がありました。
番組内で「ラーメン道」という企画があり、「ラーメンの鬼」と呼ばれた、故・佐野実氏の厳しい指導ぶりと、弟子たちの奮闘ぶりが人気でした。
少々、演出過多な番組ではありましたが……
今回紹介する「天下ご麺」はそのときの何代目かの優勝者である方が始めた店です。
滋賀県と京都市に何軒か存在します。
あえて言うなら、本店(甲賀市水口町)が一番うまく感じましたが、どの店も高いレベルで安定していました。
なので、食べたくなったら、一番駐車場が広く(20台程度)、車で行きやすいこの店を選択しています。

店内へ

中に入るとカウンター席が7つほどあり、4人がけのテーブル席が4つありました。
本店や、他の支店は結構狭いのですが、ここは席数こそ少ないものの、通路などは広く、落ち着く感じでした。
ただ、カバンを置けるカゴなどは欲しかったですね。
メニューは基本の麺が5種類ほどあり、季節ごとに登場するメニューもあるようでした。

ラーメン到着……私的感想

「近江塩鶏麺」
基本のラーメンです。
塩味のあっさりスープ。
チャーシューは鶏肉です。
ネギの上にかかっている赤いものは唐辛子ではなく、梅肉を干してふりかけにしたものです。
この店の名物であるようです。

「鰹武士醤油麺」
こちらもあっさりとしたラーメンでした。
細麺で、ネギとほうれん草が多めでした。

「ぼくんちのラーメン」と名付けられていた醤油豚骨のラーメンです。
季節物で普段はないメニューかも。
中太の麺で、結構ボリュームがありました。

夏場の季節物、「ざる麺」と「特製蟹つけ麺」です。
ざる麺はまず北海道産という全粒粉で作られた麺が美味しかったです。
まずは麺を味わってほしいということで、モンゴル岩塩をひとつまみかけてから食べるのがおすすめということでした。
薬味がいくつか着いてくるのですが、麺がうまいので、むしろ余計だったかも。
薬味を入れると、ざるそばを食べているような感覚になりました。
特製蟹つけ麺のほうは、中太の平打ち麺が特徴的でした。
麺にコシがあって、スルスルとのどごしがいい感触でした。
蟹も湯葉もちゃんとしたものが使われていて、しっかりとした味がしました。
それでいて、麺自体の味を殺していないのが秀逸でした。

ラーメンに2~300円足せば、餃子や唐揚げとライスが着いたセットにできます。
餃子はいたって普通でした。
唐揚げはかなりボリュームがあり、外はカリッと中はジューシーという理想的なうまさでした。
これとライスだけでも結構満腹になります。
あと、この店ではあぶりチャーシューがオプションで選択できます。
美味しいですが、脂が乗っているので、結構腹が膨れます。

全体的にサイドメニューまで含めて、かなり高いレベルのラーメン店だと思いました。
テレビ番組はかなり演出過多でしたが、それだけハードルが上がっているのにも関わらず、うまいと感じられるのだから、すごいことだなと思います。
ただ、全体的に薄味のラーメンが多く、「関東風なんじゃないか」という人もいました。
雑誌のインタビューで社長が、「ラーメンの研究に力を入れたいから、逆に支店の数を減らしたいと思っている」と語っているのを見ましたが、どうなっていくのでしょうね。

店舗情報

店のHPがないので、店舗情報を記しておきます。
住所:滋賀県草津市東矢倉1丁目5-30
電話:077-566-5135
営業時間:11時から午前1時
定休日:月曜日
※最寄り駅はJR南草津駅ですが、駅から歩くと少し距離があります。
バスか、車で行くのが無難です。
食事時は行列ができます。

天下ご麺 (南草津/ラーメン)
★★★☆☆3.47 ■予算(夜):~¥999

2020.06.26追記

湖南店にも行きました。
駐車場は20台くらい。
カウンター席が6、テーブル席が16ほどありました。
店内が清潔でオーダーから届くまでも早かったです。
混んでいましたが、客の回転は早い感じでしたね。

こちらではえび味噌をおいしくいただきました。
まろやかでくどくない味でした。
サイドメニューも豊富なようでした。
烏骨鶏の卵かけごはんが売りなようでした。
次回は食べてみたいですね。

天下ご麺 湖南店スペリオル (石部/ラーメン)
★★★☆☆3.42 ■予算(昼):~¥999

コメント

タイトルとURLをコピーしました