おすすめのMVNOはmineoです。安くて通信が安定しています。

その他

はじめに

携帯、スマホの通信料金を安くしたい人は多いのではないでしょうか?
私もそうでした。
ガラケー時代は月に1500円程度しかかかっていなかったのに、iphone5(当時)に替えた途端、月7000円程度に。
なんとかならないものかと考え、いろいろなMVNO(格安SIM提供業者)を調べた結果、私が選択したのがmineoです。
結果、月7000円ほどかかっていた通信料金が月1300円(税抜・当時)まで落とせました。
以下、自分の体験談を含めて記します。

mineoのメリット

三大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)のどこからでも契約変更できます。

例えば、元々ドコモと契約していたなら、Dプランというものを選択すれば、ドコモの回線エリアがそのまま利用できます。

今、使っている携帯がそのまま使えます。

iPhoneにも対応しています。
携帯を買い換える必要がありません。
もちろん、mineoで取り扱っている携帯を購入することもできます。

料金設定が豊富で、利用にあったプランが選べる。

月々、どれくらいパケットを使うかによって、自分にあったプランが選べます。
もちろん、三大キャリアより格安です。
※mineo公式ページで料金シミュレーションなどもできます。

格安スマホ・SIM【mineo(マイネオ)】
mineo(マイネオ)は、多くの方に選ばれている格安スマホ/格安SIMのサービスです。au・ドコモ・ソフトバンクに対応しているので、お手持ちの端末そのまま、電話番号もそのままでご利用いただけます。

通信が安定しています。

MVNOによっては、時間帯により、通信速度が落ちることがありますが、私はmineoでストレスを感じたことはありません。
mineoの店頭スタッフから「昼休みの時間帯に動画を見ると若干遅くなるかも」と聞きましたが、特に気になったことはないです。
もちろん、wifi環境下で動画視聴するなら、何も問題がありません。
私は2年以上、使用していますが、トラブルによる回線異常も起こっていないですね。

パケットのやりとりができる

ひと月の使用量が制限を超えて遅くなっても、家族間で余ったパケットのやりとりもできます。
また、家族間でなくても、フリーパケットタンクというものがあり、全国の利用者が余ったパケット(月1GBまで無料)をもらうこともできます。
ということは、例えば3GBのプランで契約していても、実質4GBまで使えるわけです。

契約期間の縛りがありません。料金もずっと定額です。

MVNOでも2年縛りというような契約方法をしている会社があるようですが、mineoはそれがありません。
極端に言えば、3日ほど使って見て、気に入らなければ、他社に移ることもできます。
また、長期使っているからと言って、料金がアップすることもありません。
初めから安いです。

サポートも充実しています。

電話でもチャットでも問い合わせ可能です。
ユーザー同士が相談し合う掲示板もあります。
また、手数料を払えば、初期設定サービスや出張設定サービスもあります。

mineoのデメリット

以下に書くことはmineoだけのデメリットではないと思いますが、一応、公平に書いておきます。

支払い方法について

料金の支払いはクレジットカードでしかできません。
口座引き落としなどは不可です。
そのため、必ずクレジットカードを持っている必要があります。

キャリアのメールアドレスが使えなくなります。

@docomo.ne.jpというようなキャリアのメールアドレスが使えなくなります。
最近はLINEやショートメッセージなどを使っている人が多いので、あまり必要ないとは思いますが、ご注意ください。
ちなみにmineoから@mineo.jpという形でメールアドレスがもらえます。
しかし、これはパソコンメールと同じ仕組みのアドレスなので、即時通知ができません。

店舗が近くにありません

MVNOの中では店舗がある方ですが、主に大都市だけで、三大キャリアに比べると当然少ないです。
なので、困ったときにショップに駆け込むようなことはできません。
ただし、パソコンを持っていて、そちらでインターネットが使える環境なら、チャットなどで問い合わせ可能です。
固定電話が家にあるなら、そちらで問い合わせることも可能です。
なお、パソコン工房がmineoと提携しています。
店によっては、mineoのサービスカウンターがあります。
そこなら、いろいろ教えてもらえます。
混み合っていることが多いですが。

初期設定が必要

基本的に自分でSIMを差し直して、初期設定をしなければなりません。
マニュアルも丁寧に書かれていて、それほど難しくはありませんが、慣れない方には厳しいかもしれません。

以下、実体験を記します。

私がmineoを使用し始めたのは、2017年のことです。
そのとき私はauのiPhone6を使用していました。
このiPhone6がそろそろ限界かなと思ったのと、auの2年契約がちょうど満了するところだったので、MVNOについて考えました。
当時、iPhone8が販売された直後で、iPhone7が値崩れしていました。
そのため、appleがキャンペーンを行っていて、公式サイトで金利なしのローンで買えるようになっていました。
そこで、そのSIMフリー版iPhone7を購入し、mineoに契約を変えようと考えたのです。
mineoを選んだのは料金やサービスはもちろんのこと、iPhoneが使えることと、自宅にeo光の回線を引いていたからです。
※mineoもeo光も関西電力グループの関連会社です。

サービスカウンターで聞いた話

近所にあるパソコン工房でmineoの出張カウンターができており、そこでいろいろ話を聞くこともできました。
カウンターで聞いた話では、次のものを揃えてから、来てくれということでした。
・携帯番号をそのまま使うならauからMNPの番号をもらっておくこと。
・本人確認ができる証明書(免許証など)
・変更する前の携帯(この場合iPhone6)
・eo光を利用しているなら、eoID(手続きがスムーズになるそうです)

いくつかの確認事項

通信量について

まずは、自分の使っていたスマホの月々の通信使用量を確認しました。
家ではwifiを使っていることもあり、3GBも行かないほどの使用量でした。
mineoで確認すると3GBまでのプランがあることがわかり、値段を見ると1300円程度(税抜、当時は消費税8%、現在は1510円の模様)でした。
1300円程度ならガラケーのときと変わらない値段です。
1300円×12カ月で15600円、auのままだと7000円×12カ月で84000円、なんと年間で7万近く安くなります。
これは変えるしかないなと思いました。

MNPについて

電話番号を替えたくなかったので、auに対してMNP(転出した先の携帯会社でも同じ番号を使える仕組み)の申し込みをしなければなりませんでした。
これはauに直接電話しなければなりませんでした。
昔、ソフトバンクから転出するとき、担当者の態度が悪くて、長電話をする羽目になったので嫌な予感がしていたのですが、auは丁寧でした。
しかも、手続きが終わってから「長年のご愛顧ありがとうございました」なんてメッセージが届いたほどです。
ちなみにMNPを利用する場合は、3000円程度の事務手数料がかかります。
それと、MNP番号の有効期限は14日なので、それまでにmineoに契約変更する必要があります。
日程には注意しましょう。

変更当日

必要なものを持って、予約した日にパソコン工房内のmineo出張カウンターに行きました。
出張カウンターでは申し込みから始めることになります。
我が家はeo光を利用していたので、そのIDを持っていけば、個人情報入力の必要などがなくスムーズでした。
オプションをいくつか提案されましたが(修理プランなど)、特に必要がなかったので断りました。
家族の分を含めて、2台分の設定をしてもらうことになっていたので、1時間ほどかかると言われました。
実際、それくらいかかりました。
設定は、MNPの設定やSIMカードの差し替えなどをしてくれているようでした。
※なお、ネットで申し込んでいる場合は、申込みに関してはすでに終了している形になっていますので、設定にそれほど時間がかかりません。
自宅に届いたSIMを差し替えて、初期設定を行うだけです。

余談

なお、私の場合はこのあとiPhone6からiPhone7に自力で機種変更する必要がありました。
なので、家に持ち帰ってから、itunesにデータをバックアップして、データ移行やiOSのアップデート、Wifi設定などが必要でした。
そちらは、結構大変でしたが、通常は必要ない処理なので、ここでは省略します。
ちなみにmineoは頻繁にキャンペーンを行っていて、最初の6カ月は割引というようなことがたくさんあります。
興味を持たれた方は、公式サイトをこまめに参照されることをおすすめします。
そして、料金シュミレーションなどを行っていただき、今の携帯料金と比べられると良いかと思います。
料金が格段に落ち、使用感がまったく変わらないのですから、乗り換えない理由はないと思います。
本当におすすめです。
※申し込みはこちらから↓

mineo(マイネオ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました