今、ブルーレイレコーダーを買うなら、こんな機能を狙いましょう(2021年版)

その他

この記事はブルーレイレコーダーを買おうかどうか、迷っておられる方向けに書いています。
実体験に基づいて書いています。
特に古い機種や古いテレビを使っておられる方向きです。
我が家で使ってるテレビは、地デジ化された際(2011年)に買ったテレビです。
テレビにHDDが一体化していて、本体で録画ができるという当時としては高性能なテレビでした。
もちろん、DVDもブルーレイも見ることもできます。
しかし、ついにHDDの容量が一杯になり、録画して見るたびに、すぐ番組を消す必要が出てきました。
また、ブルーレイの読み込みもうまくいかないことが頻繁に起こるようになりました。
古いテレビとはいえ、画質は2Kで綺麗なのですが、2番組以上を同時に録画できないという難点もありました。
年末年始にはいろいろ見たいテレビ番組があったので、そろそろどうにかしようという話になりました。
結論からいうと、私は以下のレコーダーを買いました。
大型家電量販店で値引きしてもらい、ケーブルを一本サービスしてもらって6万円ほどで買えました。

この機種を買うにあたり、以下の機能があることを重視しました。
最近の機種ではほとんど対応しているようですが、最低限これくらいの機能はあると便利かと思います。

ブルーレイレコーダー購入で狙いたい機能

3番組同時録画

今どきのレコーダーはほとんどが2番組以上を同時に録画できます。
ですが、3番組同時録画機能を持つレコーダーが結構出てきているので、そちらを狙うべきだと思います。
ちなみに我が家にあるテレビでは1番組しか録画できなかったので、見たい番組が重なった場合は泣く泣く我慢していました。
今は快適です。
(注:私が買った機種は、同時録画する番組のひとつが4K放送である場合は、2番組までしか同時録画できません)

4K放送が見られること

今後、主流になっていくであろう4K放送。
購入したレコーダーには4K放送用のチューナーが内蔵されているので、見ることも録画することもできます。
当然ながら、4Kテレビを録画するには、4K対応チューナーが必要です。
ちなみに今使っているテレビは2Kですが、4K放送自体は見られます。
ただし、画質は2Kのままです。
ですが、将来、4Kテレビを買ったとき、このレコーダーが流用できますね。

起動が速いこと

電源を入れて、録画可能になるまで、10秒くらいで立ち上がる機種を買いましょう。
意外とこの機能がない機種は未だにあるようです。
ちなみに、今まで使っていたテレビ内蔵のHDDは電源を入れてから、1分くらい起動時間がかかりました。
今回買ったレコーダーは10秒もかかりません。

スマホやタブレットとの連動

せっかく録画をしても、子供たちにテレビを占拠され、なかなか見る時間がないという方も多いと思います。
現在発売されているレコーダーには、録画した番組をスマホやタブレットで視聴可能な機種があります。
設定はアプリをインストールして、簡単な設定を行うだけです(注:wifi環境が必要です)。
これで、子供が寝静まったあと、寝室にてスマホで録画番組を見ることが可能です。
また、録画した番組をスマホにダウンロードする機能もあります。
この場合、外出先で録画した番組を見ても通信量がかかりません。
私が買った機種は、他のアプリを使いながら、バックグラウンドで録画番組を見ることもできます(例えば、ニュースアプリの記事を読みながら、録画番組を見ることができます。下の画面のように小窓が画面内にできます)。

また、見るだけでなく、スマホから番組表を確認し、外出先からでも、録画することもできます。

CMスキップ機能

CMに入ったとき、スキップボタンを押すと、CMを飛ばして、次の始まりまでうまく飛んでくれます。
完璧ではないときもありますが、かなり便利です。

わずかに物足りなかった点

基本的な最新機能は押さえたものの、少し物足りないところもありました。
購入の参考にしてください。

番組表が見づらい

録画する際の番組表が少し見づらい気がしました。
情報量が多いので、一画面にすべてのテレビ局が表示されないのです。
画面を左右させながら、番組を探さないといけないのが少し難点です。
もちろん、キーワードや出演者の名前で検索することなどはできるのですが……
これはメーカーによると思います。

30秒飛ばす際に少し固まる

スマホアプリで30秒飛ばしをする際、2回目のボタンを押すと、少しの間フリーズします。
わずかな時間ではあるのですが、イライラします。
電波状況にもよるのかもしれませんが。

一部機能が有料

これはパナソニックのディーガシリーズだけの問題かもしれませんが、アプリインストール時に会員登録をする必要があります。
しかも、無料会員と有料会員では使える機能が少し違います。
最初の1ヶ月間はお試し期間として、すべての機能が使えます。
ですが、無料期間が終わると一部機能(例えば1.3倍速で見る機能)が使えなくなります。
レコーダーを使うのに、毎月定額を支払うというのもね……

番組の終わりが切れる?

これはパナソニック製品だけの問題ではなく、どこの機種でもある問題です。
例えば17時から18時までの番組を録画して、次に18時からの番組を録画していた場合、前の番組の終わりが数秒ほど切れてしまうことがあります。
これは次の番組の録画準備を、前の番組が終わる前にチューナーがしなければならないからです。
民放の録画はCMがあるのであまり困らないのですが、NHKの番組を録画するのには不便です。
しかし、これは録画チューナーを切り替えるやり方で対処できます。
3番組を同時に録画できる機種なので、チューナーが3つ内蔵されています。
だから、予約の際、どのチューナーで録画するかを切り替えれば対処できます。
そこまで考えないといけないのは面倒ですが。

以下、我が家の実体験を少し語ります。

2つの選択肢、テレビか?レコーダーか?

購入の前提として、新しいテレビを買い、そこに別売りのHDDを取り付けるか、それともレコーダーを買ってテレビに接続するか、という2つの選択肢が生まれました。
結論として、レコーダーを買う方を選択しました。
理由は以下の通りです。

・古いとはいえ、テレビの画質は綺麗で、まだ十分見られる。
・HDDに録画してある番組をまだ見たい(メディアにダビングするのが面倒)
・最新のテレビは値段が高い(メーカーにもよりますが、10万円以上する機種が多い)
・仮にテレビが壊れても、レコーダーは無事なので、そのときテレビだけ買い換えればいい。

接続は可能か?

気になったのは、古いテレビだけにレコーダーの接続ができるのかどうかでした。
これはテレビのマニュアルを大型家電量販店に持参して、店員さんに確認しました。
背面にHDMI端子が3つあるので問題ないということでした(実際使うのは1つ)。
なお、うちのテレビはeo光のケーブルテレビを利用して受信しているのですが、それについても問題ありませんでした。
接続も特段難しいことはありませんでした。

テレビのHDDとレコーダーの共存は可能か?

これは可能です。
あくまでテレビのHDDはHDDとして、レコーダーはレコーダーとして、別々に動いて録画します。
両者の録画時間が重なっても問題ありません。

最後に

小型であまり場所も取りませんし、いい機種が買えたと思っています。
ちなみに私が買った機種はひとつ前の型番らしく、すでにマイナーチェンジされた後継機が発売されているようです。
どんどんと新しい機種が出るかと思いますが、自分の望んでいた機能があるとわかったときが買い時かもしれません。
どなたかの参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました