スバルXVとレガシィOUTBACKに乗ってみた感想。いい車でした。

アイテム

車検やタイヤ交換の関係で、代車としてXVとレガシィOUTBACKに乗る機会がありました。
両方ともいい走りをする車だったと思ったので、個人的な感想を書いておきます。
ちなみに普段はエクシーガの2.5iに乗っていますので、それとの比較になります。
また、乗車時は後部座席にチャイルドシートをふたつ乗せて、未就学児の子供ふたりを乗せていました。
重量としてはたいしたことはなかったと思いますが、参考まで。

スバルXV

私の乗ったのは最新型モデルではありましたが、残念ながら、マイルドハイブリッドのモデルではありませんでした。
とはいえ、かなり乗り心地は良かったです。
ハンドリングやブレーキなど、よく走り、よく曲がり、よく止まるというスバル車の基本は守られていました。
静寂性も高く、揺れもほとんどない安定感でした。
フロントガラス部のピラーが気にならず、視認性も高くて、前がよく見えました。
トランクも広かったです。

ただ、さすがにエクシーガに比べるとパワー不足ではありました。
坂道では少しきついかなと思うところがありました。
坂道モードという機能もありましたが、それでもパワー不足に感じました。
内装もプラスチック部品が多く、少し安っぽい感じがしました。
ですが、このあたりはグレードによって違うのかもしれません。
トランクは広かったのですが、後部座席にドリンクホルダーがないなど、全体的に収納スペースは少ない感じがしました。
2日しか乗っていないですけれど、燃費はリッターあたり11kmくらいでした。
エクシーガより少しいいくらいですかね。
グレードにもよりますが、200万円代前半で購入できるなら、お買い得ではないかと思いました。

2021.08.01追記・e-BOXERタイプにも乗りました。

エクシーガのエアコンが壊れたので、修理の間、再びXVに乗る機会がありました。
マイルドハイブリッドタイプです。

乗ってみて真っ先に思ったのは、よく伸びるなという感触でした。
アクセルをほとんど踏み込まなくても、静かに加速して行く感触でした。
なんというか、電動自転車に乗っている感覚に似ているなと。
苦しくなったかと思った瞬間、絶妙のタイミングで後押しがある感じです。
しかし、坂道発進のときとか、スタートダッシュは少し踏み込まないと重さを感じました。
あと、前に乗ったXVより、ふわふわとした感触もありました。
サスペンションの問題でしょうか?
車高の高いSUVだから当然なのかもしれませんが、エクシーガほどの安定感はありませんでした。
あと、私は運転中、ポンピングブレーキを多用するのですが、このXVは少しブレーキを踏むだけで、強くブレーキが効くタイプのようでした。
慣れないうちは急ブレーキをかけてしまったような感覚になりました。
このあたりはセッティングにもよるのかもしれません。
燃費は通常のXVとたいして変わらず、リッターあたり11キロ程度。
もっと長距離を乗ったら変わって来るのかもしれませんが、ハイブリッド車にしては寂しい数字ですね。
ですが、ハンドリングや加速力は素晴らしく、いい車だと思いました。
ちなみに後部座席に乗った子供たちは、座席の広さはエクシーガとそんなに変わらないと言っていました。
ただ、荷物をかけるフックなどがないと言っていて、そこはミニバンとして作られているエクシーガとはコンセプトが違うのかなと思いました。

XVギャラリー

高グレードの代車だったのか、なかなか多機能でした。

パネル周り。
意外と質感は良かったです。

ダッシュボード上にある画面。
普段はこんな感じで、燃費や時間、気温などを表示しています。

ハンドルのところにあるVIEWボタンを押すとこのように切り替わります。
前方の視界が通常より広く表示されます。
見通しの悪い交差点などで便利です。
また、車の左後ろにバイクなどがいないか確認することもできます。
車の左右後方に他の車が近づくと、ミラーの横がオレンジ色に光る機能もありました。
高速道路で追い越しするときなど使える機能ですね。

ハンドル周り。
ディスプレイやオーディオの操作はもちろんここにあるボタンでできました。
ハンドルは革が巻いてあり、質感が良かったです。

レガシィOUTBACK

巨大化し、北米仕様となったレガシィです。
私が乗ったのは限定モデルタイプだったようで、シートなど内装が豪華なタイプでした。
2500CCだったので、エクシーガと同じですが、車重がほぼ同じ(1600kg前後)なのに、加速力は圧倒的にレガシィOUTBACKが上でした。
よく走り、よく曲がり、よく止まるのは当然のことという感じで、そこに静寂性やスムーズな加速が上乗せされていました。
いわゆるスピードが出ているのに、出ている感じがしないという安定した乗り心地なんですね。
80キロくらいで走っていても、運転者としては60キロくらいで走っている感覚なのです。
それだけスムーズに静かに加速していたわけです。
車高が高い車なので、視認性も良かったです。
エアコン吹き出し口が後部座席にもあるなど、細かいところまで気がつく感じでした。

ただ、あえて言うなら、運転席は思ったほど広くなかったかなと。
それと、やはり日本で乗るには大きいです。
5人乗りなのに、7人乗りのエクシーガより全長がまだ長いですし、幅も広く、狭い道や、駐車場では苦労しそうでした。
これを買うなら、レヴォーグを買う方がいいかなと。
一番安いグレードでも300万を超すのはやはり手に入れがたいです。
それでもヨーロッパの高級車よりは安いですけれど……
燃費はエクシーガとほぼ同じリッターあたり10kmくらいでした。
2500CCの車にしては良い方ではないでしょうか。

最後に

どちらもさすがはスバルと思わせる走行性能でした。
燃費がいまいちなのもスバル車らしいなと……
レガシィはさすがに大きく、値段も高いので、おすすめとは言えませんが、XVは日本の道路事情にあった車ではないですかね。
あとは用途に応じて、レヴォーグやフォレスターあたりとの比較になるかと。
個人的に、次に車を買うとしたらレヴォーグかなと思っていたのですが、レヴォーグはハイブリッドモデルなどが出ない車だろうとディーラーから言われました。
なので、トヨタ傘下になったことで、ハイブリッドモデルが推進されるなら、XVを検討してみようかなとまで思いました。
どなたかの購入の参考になれば幸いです。

XVとOUTBACKの中古車を探すならこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました