ハゲたくなければシャンプーを変えましょう。脂は少し残ってもいいのです。

美容・健康

はじめに

男性には深刻な問題である頭髪の脱毛。
すなわちハゲ。
いや、頭髪が不自由な人とでも言うべきでしょうか。
男性ホルモンが多いからハゲるんだ、というのは事実かもしれませんが、抵抗する方法はあります。

シャンプーについて

まずは、みなさんが家で使っているシャンプーの原材料を見てください。
ラウリルとか、ラウレスと書かれた成分が上位に記されていませんか?
これは、合成界面活性剤と呼ばれるもので、脂を落とす強い力を持っています。

それなら、毛穴の汚れを取ってくれるいいものじゃないのか……と思われるかもしれませんが、実はこの成分、台所用洗剤の主成分でもあります。
つまり、台所用洗剤で頭を洗っているのに等しいのです。
気持ちいいと錯覚するのは、人工的な匂いや、シリコンで作られたサラサラ感にごまかされているだけなのです。

そもそも、頭皮に脂が出るのは、頭皮を守るのに必要だから身体は出しているのです。
それを合成界面活性剤入りのシャンプーで根こそぎ取ってしまっては、身体は危険を感じて、余計、頭皮に脂を出そうとします。
本末転倒ですよね。

根拠

これは私が独自に語っているのではなく、皮膚科医の夏井睦先生が自分のサイトで、ずいぶん前から発表されています。

新しい創傷治療

夏井先生は湿潤療法のパイオニアであり、消毒やガーゼを使うなと提言されておられる方です。
また、京都の江部先生が提言された糖質制限ダイエットを自分の身体で試して、世に広められた方でもあります。

石鹸について

夏井先生は石鹸も使う必要がないと言っておられます。
塗料や油を一日中浴びているのでもなければ、石鹸などいらず、シャワーで十分洗い流せるとのことです。
手洗いも、インフルエンザなどが流行する時期でもなければ、水洗いで十分だということです。
要するに肌には常在菌というものがあり、それらは肌を紫外線や外敵であるウイルスから守っているのに、殺菌効果のある石鹸を使ってしまうと、悪い菌だけでなく、良い菌まで殺してしまうわけですね。
傷への対処も同じです。
人間の身体には自然治癒機能があり、良い菌がその処理を行ってくれるのに、消毒することで、傷口を治してくれる菌まで殺してしまい、結果、治りが遅くなり、傷痕も残ってしまい、よろしくないわけです。

まとめ

少し話がズレました……
髪を洗うことに関しても、シャワーだけでいいと夏井先生は提唱されていますが、私はそこまで聖人にはなれなかったので、石鹸シャンプーと専用リンスを使っています。
これにはラウリルやラウレスという、脂を根こそぎ奪う強力な界面活性剤が入っていません。
髪が弱酸性なのに対して、石鹸はアルカリ性なので、最後は専用のクエン酸リンスで中和するようになっています。
このシャンプーとリンスでも、結構すっきりしますし、使い続けていると、明らかに髪質が良くなるのを感じます。
我が家は頭髪が不自由になる家系ですが、今のところ、髪が少なくなる傾向は見られていません。
石鹸シャンプーはよく泡立つので、身体を軽くなでるような形でボディソープ代わりにも使えます。
高いシャンプーがどれだけすごいのかはわかりませんが、私は値段の手頃なこのシャンプーとリンスで十分満足しています。
容器はポンプ式と、従来の液体型との二種類があります。
個人的にはポンプ式が使いやすいのでおすすめです。
ただ、髪を染めている人や、整髪料をかなりつけている人には向いていないようなので、それだけはご注意ください。


コメント

タイトルとURLをコピーしました