書籍

書籍

「QED憂曇華の時」歴史マニアにおなじみのシリーズです。

タイトルは「うどんげのとき」と読みます。 「憂曇華」は「優曇華」とも書くようで、その花は三千年に一度だけ咲くという伝説の植物です。 このタイトルが何を意味するかは本書を読んでみてください。 高田崇史の「QED」シリーズは、歴史マニ...
書籍

書評:ビートたけし著「芸人と影」2019年の世相を斬る一冊

毎年、恒例の一冊 この本は「週刊ポスト」に連載中の記事の中から、特に反響が大きかった内容と、書き下ろしを加えた内容で構成されています。 ビートたけしは、ほぼ年に一度、こういう構成の本を発表しています。 それの2019年版ですね。 闇...
書籍

佐藤亮子著「灘→東大理3の3兄弟を育てた母の秀才の育て方」重要箇所抜粋

これであなたの子も東大へ 日本最難関の灘中、灘高から東大理科3類に三兄弟を合格させた母、佐藤亮子さんの著書です。 「中学〜大学受験は母親次第!」というサブタイトルが付いています。 要するに、主婦の方がどういう子育てをして、合格させたの...
書籍

書評:北野武第一短編集「純・文学」一番面白かったのは実録小説でした。

基本事項 芥川賞と直木賞を同時受賞すると宣言され、意欲的に小説を書いておられるビートたけし氏。 この本は北野武名義で短編小説が5本収録されています。 ビートたけしと北野武の名義使い分けについてはよくわかりません。 収録作品 『ホー...
書籍

書評:上岡正明著「死ぬほど読めて忘れない高速読書」

はじめに この本を読む際、予備知識を何も持っていなかったので、単なる速読テクニックを教えるものだと思い込んでいました。 正確にいうと、速読テクニックであることにはかわりないのですが、私が思っていたのは、例えば、ページを早くめくる手法とか...
書籍

書評:ビートたけし「キャバレー」最後のページに作者の心情が。

はじめに ビートたけし作「キャバレー」。 最近、作家活動に力を入れているビートたけしの二作目の本になります。 (一作目は「ゴンちゃんまたね」という作品です。) 70年代から80年代くらいの新宿にあるキャバレーを主な舞台に、そこで起こ...
タイトルとURLをコピーしました