書籍

書籍

奥田英朗著「罪の轍」実在の誘拐事件をモチーフにした圧倒的な作品

直木賞作家、奥田英朗氏の本です。 標記の「罪の轍」という本を読みました。 作者は奥田英朗氏。 「邪魔」や「無理」のような犯罪小説を書くかと思えば、ドクター伊良部が活躍するシリーズのようなコミカルな作品も書く、幅広い作風の作家さんで...
書籍

「影武者徳川家康」路線変更が残念だった漫画です。

はじめに「影武者徳川家康」について 「影武者徳川家康」は隆慶一郎氏によって書かれた小説です。 これを「北斗の拳」「花の慶次」でおなじみの原哲夫氏が漫画化し、週刊少年ジャンプで連載されていました。 なお、徳川家康...
書籍

「意訳・平家物語」 入門書のようで結構深い内容の本でした。

はじめに この本の正式タイトルは「美しき鐘の声 平家物語」です。 「意訳で楽しむ古典シリーズ」の一作なので、タイトルでは「意訳・平家物語」と記しました。 全3巻に分かれています。 なんとなく話は知っているけど、実際は読んでい...
書籍

今村昌弘著「魔眼の匣の殺人」オカルト要素の入ったミステリーです。

はじめに・今村昌弘氏の著書です 「魔眼の匣の殺人」は「屍人荘の殺人」で話題になった今村昌弘氏の二作目の作品になります。 「屍人荘の殺人」は殺人のトリックにゾンビを使うという斬新な設定も話題になりました。 映画化もされましたね。 ...
書籍

村西とおる著「人生、死んでしまいたいときは下を見ろ、俺がいる」

はじめに この特異なタイトルの本は、AVの帝王と呼ばれる村西とおる氏の著書です。 前科7犯、借金50億、アメリカで逮捕されたときの求刑370年、一時は余命一週間と告知された…… そんな状態の俺でも生きているのだから、みんながんばれと励...
書籍

書評:北野武著「不良」著者得意の憎めないワルがたくさん登場する作品です。

はじめに 表題の著作を読みました。 最近、小説を意欲的に発表している北野武(ビートたけし)。 この作品は著者が得意とする下町の憎めない連中が多数出演し、最後は落ちぶれていく……という人生の悲哀を描いた作品です。 簡単なあ...
書籍

書評:「親父の遺言」いかりや長介氏の長男が語る父の実像

はじめに 2004年3月20日に亡くなられたザ・ドリフターズのリーダーいかりや長介氏。 以前、ご本人の著書を紹介したこともあります。 今回紹介するこの「親父の遺言」は、いかりや長介氏の長男、いかりや浩一氏が息子から見た父親...
書籍

【ヤンジャン!】週刊ヤングジャンプの漫画アプリ。無料で多数読めます。

はじめに 人気漫画週刊誌「ヤングジャンプ」。 『キングダム』『ゴールデンカムイ』『サラリーマン金太郎』など、数多くの名作漫画を生んできた雑誌です。 この雑誌の漫画アプリがiOS、Androidの両方で配信されています。 インストール...
書籍

書評:北野武著「首」著者初の歴史小説、舞台は本能寺の変前後

はじめに この作品「首」は北野武(ビートたけし)初の歴史小説です。 舞台は本能寺の変前後の時代。 荒木村重の謀反から、秀吉が光秀を倒すあたりまでのことが描かれています。 一応の主人公は秀吉の御伽衆を務めた曾呂利新左衛門です。 実在...
書籍

「古事記異聞 京の怨霊 元出雲」感想 意外な歴史の見方ができる作品です。

人気作家、高田崇史の作品です 標記の書籍を読みました。 歴史の常識を覆す作品をたくさん発表されている高田崇史氏の作品です。 古事記異聞シリーズでは三作目にあたります。 このシリーズでは出雲やスサノオについて、追及されています。 ...
タイトルとURLをコピーしました